MENU

芙蓉グループ GROUP SITEGROUP SITE

NEWS新着情報

日本医療研究開発機構 令和2年度「ウイルス等感染症対策技術開発事業」(AMED補助事業)に当社技術を搭載したシステムの開発事業が採択されました

2020.07.06

お知らせ

芙蓉開発株式会社(本社:福岡県福岡市、グループ代表:前田俊輔、代表取締役:野中美和)(※1)は遠隔における感染症管理を目的とした3つの遠隔システムの開発を開発します。本開発テーマは国立研究開発法人日本医療研究開発機構 令和2年度 「ウイルス等感染症対策技術開発事業」(※2)に2020年6月1日付けで採択されました(事業タイトル:感染症等で隔離された宿泊療養での病院搬送の判定・早期治療に繋げるDtoNtoPの遠隔モニタリングシステム等の開発研究)。
芙蓉開発株式会社は、研究分担者の協力の下、本事業を推進し、2021年度以降の社会実装を目指します。

【開発目的(社会的・医療的な必要性など)】
COVID-19の軽症者・無症状者に対し、医療者配置が十分でない(ホテルを含む)在宅医療での健康管理体制は喫緊の課題である。医師や看護師の感染を予防しつつ、急変した状態を早期に発見し、かつ不要な搬送を避けるスクリーニングが重要です。そこでCOVID-19対策として、在宅医療患者に対し、体温・酸素飽和度といったバイタルサイン、及び症状観察、既往歴をICTにて収集・分析・閲覧できる「ICT遠隔モニタリングシステム」を提言します。大きな特徴として、多くのCOVID-19患者に見られる発熱に関し、体温37.5℃といった絶対値基準ではなく、個々人のデータより統計学に基づきテーラーメイドで異常値を検知しアラーティングする機能により、高齢者など加齢の影響で体温低下している患者でも早期発見が可能となります。また異常値や酸素飽和度等の閾値をスコア分布表に配点し、医療リスクを算出する「バイタルスコアリング」機能を技術により、医療介入(入院)のスクリーニンが可能となります。このシステムにより医療資源の乏しい在宅でも入院と同じ様な健康管理体制が構築でき、更に重症度評価により、病院搬送のタイミングを図ることが可能となります。

【開発する機器・システム】
①隔離された宿泊療養での病院搬送の判定・早期治療に繋げる遠隔モニタリングシステム

②自宅療養での状態悪化の判定・感染症等で隔離観察できる遠隔モニタリングシステム

③社会システムを維持するための企業向け出社判断支援付きの企業健康管理システム

【研究開発体制】
・研究代表者
  前田 俊輔(芙蓉開発株式会社)
・研究分担者
  伊達 豊(医療法人芙蓉会 筑紫南ヶ丘病院)
  照沼 秀也(医療法人社団いばらき会 いばらき診療所)
  青柳 潔(国立大学法人長崎大学 生命医科学域)

*1: 芙蓉開発株式会社
芙蓉グループ全体を通して、医療機器の開発を始め、医療法人として病院や介護施設の経営、建設・不動産などの事業を展開しています。病院や介護施設といったグループの資源を生かし、日本の遠隔医療や医療用AIの可能性と有用性について検証・啓蒙活動も行っています。
http://www.fuyo-group.com

*2: 国立研究開発法人日本医療研究開発機構 令和2年度 「ウイルス等感染症対策技術開発事業」
詳細については以下のURLよりご確認ください。
https://www.amed.go.jp/koubo/02/01/0201C_00094.html

【本件に関するお問い合わせ】
芙蓉開発株式会社
報道関係 戦略企画室 担当: 中野/TEL: (092) 471-8585
お客様 営業企画部 担当: 松山/TEL: (092) 292-9070

一覧へ戻る

CONTACTお問合せ

お問合せや資料請求は上記よりお待ちしております。